ホワイトラグジュアリープレミアムの配合成分について

ホワイトラグジュアリーの配合成分について

ホワイトラグジュアリー

 

乳首の色の黒さに悩んでいる女子って実はけっこういるものです。特に彼のいる女子は乳首の色を気にしている方も多いはず。男性も女性も乳首はやっぱりピンクがいいと思っている人が多いのです。そんなお悩みに応えてくれるのがホワイトラグジュアリー。メラニンの生成を抑えて美白乳首でキレイになれる薬用クリームです。今回はホワイトラグジュアリーの配合成分を詳しくご説明していきます。

 

1.ホワイトラグジュアリーの主な成分。

 

ホワイトラグジュアリーはメラニンの生成や増加を抑えるために「スーパーVCT」というオリジナルの処方でビタミンCを配合しています。これはどんな処方かというと、速効型、中間型、持続型のビタミンCを配合することによって三段階でお肌の奥深くまでビタミンCを浸透させるというものです。

 

ビタミンCはアンチエイジング化粧品によく使われる成分で、抗酸化作用や美白作用があることで知られています。

 

ホワイトラグジュアリーは三種類のビタミンCを配合しており、速攻型の生ビタミン「アスコルビル酸Na」、中間型の水溶性ビタミンC「リン酸アスコルビルMg」、持続型の油溶性ビタミンC「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」を配合しています。

 

わかりやすく言いますと、速効型のビタミンCで皮膚の一番上の角質層を保湿する。次に水溶性のビタミンCで保湿する。これが水分を与えるモイスチャライジング効果です。そして油溶性のビタミンCで油分を与える。これがエモリエント効果です。化粧水の後にクリームを塗るのをイメージして頂くとわかりやすいと思います。

 

水分と油分がお肌に浸透するだけでなく、ビタミンCには美白効果がありますので、お肌につけてすぐに作用して、作用が持続するという処方になっているのです。

 

2.ホワイトラグジュアリーの成分一覧

 

ホワイトラグジュアリーは下記の成分を配合しています。

 

 

【グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス、ビタミンC・Na、ビタミンCリン酸Mg、ビタミンCテトラヘキシルデカン酸、アルブチン、天然ビタミンE、アロエエキス-2、カッコンエキス、クロレラエキス、ヒアルロン酸Na-2、水溶性コラーゲン液-4、桑エキス、人参エキス、オウバクエキス、水添大豆リン脂質、フィトステロール、エチルヘキサン酸セチル、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、ジメチコン、ベヘニルアルコール、濃グリセリン、キサンタンガム、1,2−ペンタンジオール、BG、ポリリン酸Na、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール、精製水】

 

次にこの中で気になる成分を見ていきましょう。

 

 

3.気になる成分の効果

 

やはり最初に記載されている「グリチルリチン酸2K」が気になりますよね。これはどんなものかというと、抗炎症作用、抗アレルギー作用を持っている成分です。炎症を防ぐ効果があるため、敏感肌用の化粧品やニキビケア用の化粧品にも使われることが多いです。

 

二番目には水溶性プラセンタエキスが記載されています。プラセンタエキスは化粧品では比較的おなじみの成分ですよね。胎盤から抽出したエキスで、胎盤はおなかにいる赤ちゃんに栄養を与える機能があります。ですからタンパク質、アミノ酸、ビタミンなど成長に必要な栄養素が豊富な成分です。

 

プラセンタエキスは新陳代謝を高める効果があり、肌のターンオーバーを促進することでメラニン色素の生成を防ぎ、シミ、そばかす、黒ずみを防ぐ美白作用があります。

 

まとめ

ホワイトラグジュアリーは美白作用のある複数のビタミンCを独自処方することで、速効性もあり、なおかつその作用が持続するように作られています。その他の美白作用のある成分としては水溶性プラセンタエキスも配合されています。また、グリチルリチン酸2Kを配合し、敏感肌にもやさしい処方です。

 

 

 

ホワイトラグジュアリー

 

ホワイトラグジュアリーは効果なし?口コミ徹底検証!楽天・amazonより安く買う方法の紹介! TOPはこちら