乳首の黒ずみを治し方をご紹介します

乳首の黒ずみを治し方をご紹介します

ホワイトラグジュアリー

 

妊娠したり、赤ちゃんを産んだことのある女性は乳首が黒くなった経験があると思いますが、なかなか乳首の黒ずみが取れず、悩んだことのある方も多いと思います。また、赤ちゃんを産んだことがなくても乳首の黒ずみにお悩みの方も少なくないでしょう。

 

乳首の色は生まれつきの場合もありますし、個人差があります。でも乳首の色が黒いと遊んでいそうと思われたり、自分だけ黒い乳首だとちょっと恥ずかしい時もありますよね。

 

乳首は「ピンク」と言うイメージを持っているのは男性だけではなく、女性もやっぱりピンクの乳首がいいと思っている方も多いです。今回は乳首の黒ずみの治し方を徹底調査してみました。

 

乳首が黒ずむ原因はメラニン色素

 

乳首が黒くなる原因はメラニン色素が肌に沈着し、黒ずんだままになってしまうことです。通常ですと約一ヶ月でお肌は新しく生まれ変わり、黒ずみも新陳代謝によって取れていくはずなのですが、新陳代謝がうまくっていないと黒ずみが取れる速度が遅くなります。

 

若いうちは日焼けしてもすぐ白くなりますが、ある程度の年齢になると水着の日焼けの後がいつまでも残っていたりします。乳首の黒ずみはそれと同じ現象です。では乳首の黒ずみを治すにはどのようにしたらいいのでしょうか。

 

@下着を替えてみましょう

 

乳首の黒ずみはメラニン色素が沈着してしまうことに起因するのですが、メラニン色素は日焼けだけでなく、摩擦の刺激によっても生成されます。

 

そもそもメラニン色素は刺激から肌を守るために生成されるものなので、紫外線でも摩擦でも刺激があれば生成されます。座り仕事が多い方などはお尻と椅子が当たる部分が黒ずんでしまうこともありますが、それも摩擦による刺激によるものです。

 

乳首の場合、ブラジャーのサイズが合っていないと乳首とブラジャーの間に隙間ができて摩擦が起こります。摩擦が起こると体が肌を守ろうとし、メラニン色素の生成が起こります。これが乳首の黒ずみの原因のひとつです。

 

きちんと乳房にフィットするサイズのブラジャーを着用することで乳首への摩擦が減り、黒ずみを予防することができます。

 

A美白クリームを試す

 

美白クリームは一般的には肌に白い色素を塗りこむものではなく、お肌のターンオーバーを促すことによってお肌に沈着してしまった黒ずみを代謝させるものです。

 

また、代謝させるだけではなく、メラニン色素の生成を妨げて黒ずみを防止する作用もあります。

 

美白クリームの成分として有名な成分は

 

・アルブチン
・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸

 

などがあります。

 

アルブチンは比較的ハイブランドの美白化粧品に使われています。メラニンはチロシナーゼという酵素と結びついて黒くなるのですが、アルブチンはこのチロシナーゼの働きを抑える作用があります。
また、トラネキサム酸はメラニンを生み出すメラノサイトを活性化させる刺激因子の働きを抑える作用があります。

 

乳首は普通の皮膚よりもデリケートな部分ですから、刺激の少ない美白クリームや乳首専用のクリームを使うと安心です。

 

 

B美容皮膚科に行ってみる。

 

セルフケアでは黒ずみが取れず、どうしても黒ずみが気になるという方は美容皮膚科に相談してみてはいかがでしょうか。美容皮膚科ではセルフケアでは出来ない施術もあります。

 

例えば美容皮膚科ではハイドロキノンをつかった施術があります。ハイドロキノンは美白成分としてよく使われるアルブチンの100倍の効果があるとも言われており、漂白に近い効果も持っているとも言われています。アメリカなどではよく使われていますが、効果が強い分刺激も強いため、ドクターとよく相談してみてください。

 

 

まとめ

乳首の黒ずみの原因はメラニン色素がお肌に沈着してしまうことにあります。
黒ずみの治し方のポイントとしては、

 

乳首への刺激が原因である場合があるため、乳房にフィットするブラジャーに替えてみる。
セルフケアとして美白クリームを試して見る。
美容皮膚科など専門医に相談。

 

などがあります。

 

ホワイトラグジュアリー

 

ホワイトラグジュアリーは効果なし?口コミ徹底検証!楽天・amazonより安く買う方法の紹介! TOPはこちら