乳首の黒ずみができる原因について

乳首の黒ずみができる原因について

ホワイトラグジュアリー

 

女性にとって乳首の黒ずみは気になるところだと思います。生まれつき色黒で乳首の色も黒いという方も少なくありませんが、やはりピンクの乳首になりたいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

何もしていないのにどうして乳首が黒ずんでしまうのでしょう。そんなお悩みをお持ちの方のために、乳首が黒ずんでしまう原因は何なのかを調べてみました。

 

1.黒ずみの原因はメラニン色素が沈着してしまうこと。

 

肌、乳首、脇などの黒ずみの原因は、メラニン色素が生成されて肌に沈着してしまうことです。日焼けすると肌が黒くなるのと同じように乳首も黒ずんでしまうのです。
このメラニン色素は実はあなたの味方であり、肌が黒くなるのは肌を外部からの刺激から守るための作用なのです。

 

2.メラニン色素の種類

日焼けしてメラニン色素が生成されると黒くなるのでメラニン色素は黒だけだと思っている方も多いのではないでしょうか。実はメラニン色素には二種類あるのです。

 

1)ユーメラニン

日焼けなどで肌を黒くするのはユーメラニンというメラニンです。ユーメラニンは黒色から褐色のメラニンです。

 

2)フェオメラニン

もうひとつはフェオメラニンというメラニンです。こちらは黄色から赤色に発色するメラニンです。金髪や赤毛の色がこのフォエメラニンによるものです。

 

 

ユーメラニンとフェオメラニンの配分により、肌の色が白かったり黄色かったり、黒髪なのか金髪なのかが決まってくるのです。日本人は黒髪で肌色の肌ですが、これはユーメラニンとフェオメラニンの両方のメラニンを持っているからです。アジア系に多く見られる傾向があります。

 

いわゆる白人と言われる方はフェオメラニンの比率が多く、肌は白く、髪の色は金髪やブラウンが多く見られます。また、ユーメラニンの比率が多くなると髪の色も肌の色も黒くなってきます。アフリカ系に多く見られます。

 

 

 

3.乳首が黒ずむ主な原因4つ

 

1)生まれつきの色黒

 

生まれつき色黒の方はメラニン色素の生成がされやすく、肌の色が黒い方は乳首の色も黒い傾向にあります。これはメラニン色素のユーメラニンをもともと多く持っていると考えられます。

 

2)摩擦による黒ずみ

 

肌は摩擦されると摩擦の刺激から肌を守って強くしようとします。すると肌はメラニン色素を生成して黒ずみが起こります。乳首も肌と同様で、下着などと乳首が擦れて摩擦が起こるとメラニン色素が生成されて黒くなってきます。
また、胸が小さい方が乳首が黒ずみやすいと言われていますが、これは胸が小さい方が下着の中で乳房が動きやすく摩擦が起こりやすいためだと考えられます。

 

3)年齢による新陳代謝の低下

 

これはどなたにでも言えることですが、年を取るごとに新陳代謝が悪くなってきます。すると肌の新陳代謝、いわゆるターンオーバーの周期も遅くなってきます。一般的に肌が生まれ変わるのは28日程度と言われていますが、ある程度の年齢になると45日程度になると言われています。
新陳代謝が悪くなると垢になって落ちていくはずの古い角質とメラニン色素が肌に残って黒ずみの原因となります。

 

4)女性ホルモンの変化による黒ずみ

 

妊娠や出産の際には乳首の色が黒くなることが多いです。これはホルモンのバランスが変化することによるもので、女性ホルモンがメラニン色素を刺激し、色素が増えることで乳首が黒くなります。

 

また、授乳の際赤ちゃんが乳首を吸う力はかなり強いものです。その刺激に耐えられるように前もって肌を守るためにメラニン色素が生成されていると言えるでしょう。

 

妊娠すると乳首が黒くなるのには理由があり、新生児はまだ目が良く見えず、おっぱいの場所を匂いで判断すると言われていますが、その際に乳首が黒い方が赤ちゃんが乳首を見つけやすいからだとも言われています。

 

まとめ

 

乳首が黒ずんでしまう主な原因は、

 

.生まれつき色黒でメラニン色素が多い
摩擦によるメラニン色素の増加
年齢による新陳代謝の低下
女性ホルモンのバランスの変化

 

の4つがあげられます。

 

黒ずみの原因はメラニン色素が体外に排出されず、肌に残って沈着することに起因するものです。メラニン色素は肌を守ろうとするときに生成されるもので、肌を強くしようとして結果的に黒くなるのです。

 

ホワイトラグジュアリー

 

ホワイトラグジュアリーは効果なし?口コミ徹底検証!楽天・amazonより安く買う方法の紹介! TOPはこちら