皮膚科などの医療機関で処方される黒ずみ改善クリーム

皮膚科などの医療機関で処方される黒ずみ改善クリーム

ホワイトラグジュアリー

 

 

皮膚科などの医療機関で処方されるクリームは、市販のものよりも効果が強いのが特徴ですので、市販のものではなかなか治らなかったという方は、医療機関で診てもらうのがおすすめです。
皮膚科などでデリケートゾーンや脇などの黒ずみを治療する場合、かかる医療機関ごとに治療方法が異なりますが、一般的にはまずは「医薬品クリーム」の処方が最初にされ、レーザー治療はそのあとになることが多いです。

 

今回は、その医薬品としてでしか処方されないクリームについて、詳しくご紹介いたします。
市販のものとは違う、効果の高いクリームですので、本当に困ったというときには医療機関にかかってみてください。

 

最もポピュラーな「ハイドロキノン配合クリーム」

 

皮膚科で一番処方されやすいクリームが、ハイドロキノンが配合されたクリームです。
ハイドロキノンは非常に美白作用が高い成分で、医薬品として認可を受けた、濃度調整済みのものが処方されますが市販のものよりもはるかに強力な働きがあります。
当然ながら、塗る量なども細心の注意を払う必要があります。

 

使いすぎればお肌へのダメージになりますので、もともとお肌が弱いという方は使用ができません。
特に、併用することでハイドロキノンの効果が一気にアップする成分、トレチノインを併用すると、さらに悪化する可能性も持ちます。
効果が強いということは、使える人も限られてくるということですので、注意してください。

 

ハイドロキノンの副作用

 

ハイドロキノンは、前述のように非常に強力な成分で、濃度が高いものは劇薬指定も受けているほど、強い成分です。
ですので、副作用の可能性もあります。ただし、使用から24時間で特に変化がなければ、副作用の可能性はありませんので、安心してください。

 

つまり、お肌に合わないなどで、副作用が出る方は24時間以内に出るということです。
具体的には、お肌の赤みなど、お肌の表面にあらわれるものです。言うまでもなく、悪化につながりますので、もし症状が見られたら一旦使用をやめて、医師に相談してください。その後3日ほど経過後にもう一度使用してみて、問題なければそのまま使用して大丈夫です。もしもう一度副作用が出た場合は、その製品は使用しないでください。

 

ただし、ハイドロキノンの副作用は併用した化粧水や乳液などで起きている可能性がありますので、使用するクリームの製造メーカーや処方した医師が推奨する化粧水などを併用するのがベストです。
ハイドロキノンで副作用が見られるものは、率にして10%ほどハイドロキノンが含まれるもので多く見られ、配合率が1%ほどの市販品のものではほぼ見られません。

 

 

ハイドロキノン以外の美容成分

 

ハイドロキノン以外にも、おすすめの美白成分があります。
それはトレチノインと、ルミキシルです。
この二つについて順にご紹介していきます。

 

トレチノイン

トレチノインはハイドロキノンと併用することで、ハイドロキノンの能力をフルに引き出せる、補助的な役割の成分として有名ですが、トレチノイン本体が持つ作用は、シミやしわです。
ビタミンA誘導体の一種で、お肌へターンオーバーを強力に促します。
もともとターンオーバーというのは既存の肌をはがして、潤いのある新しいお肌にするというものですが、トレチノインのターンオーバー促進の効果は、既存の肌に大きく手を加えるようなレベルの強さになり、非常にお肌にダメージになります。

 

もちろん、皮膚科で処方されるトレチノインは濃度の制限がされており、安全性が確保されたものだけですので、安心ですが、万が一炎症などを起こさないように、ハイドロキノンなど保湿に優れた成分を併用することで、さらに美白効果がアップするということです。
アメリカのFDAでもシミやしわの治療薬として認可を受けており、世界的にも人気のある成分になっています。

 

ルミキシル

ルミキシルは近年注目され始めている、新しい美白成分です。
色素沈着やそばかすなど、お肌全体の美白効果があるのはもちろん、老人性のシミなどにも効果があるとされる、強力な美白成分です。
具体的にはハイドロキノンの持つメラニン抑制作用の17倍もの美白効果があります。

 

天然アミノ酸を用いたたんぱく質が主な原料となっており、お肌への刺激が少ないのにお肌への効果が高い成分になっています。
老人性のシミなどにも効果があるため、年齢からくるシミや黒住などにも使用できます。
さらに、天然アミノ酸の効果か、副作用もほとんど報告されておらず、どなたでも安心して利用できます。
もちろん、不安でしたらパッチテストをするのがおすすめです。

 

ハイドロキノンなどは医薬品の部類に該当し、非常に強力なものですので、不安でしたらパッチテストをして、それから使用するのをお勧めします。
そして、使用には必ず医師の指示を受けて、必ず用法用量を守って使用してください。

 

 

ホワイトラグジュアリー

 

ホワイトラグジュアリーは効果なし?口コミ徹底検証!楽天・amazonより安く買う方法の紹介! TOPはこちら