摩擦などで黒ずみが発生する理由

皮膚科やクリニックで、デリケートゾーンの黒ずみを治す

ホワイトラグジュアリー

 

 

デリケートゾーンは非常に肌が薄く、また普段は隠れている場所ですので、繊細で刺激に弱い部分です。
つまり紫外線にも当たりにくく、お風呂の時もしっかりと洗う部分ですので、通常の黒ずみのメカニズムを考えたら、普通はできにくい部分です。
しかしデリケートゾーンの黒ずみは、非常に起きやすくなっています。
この理由は、メラニンの働きにあります。

 

 

お肌を守るために働くメラニン

 

お肌が紫外線や摩擦から守るときに働く色素が、メラニンです。
やけどなどの炎症の場合でも、メラニンが生まれることでお肌を守ります。

 

しかし、このメラニン色素の色が黒いために、お肌に黒ずみが生まれるように見えているのです。
肌が小麦色に焼ける日焼けも、このメラニン色素の働きによるものです。
お肌に刺激になり、お肌を保護しようとしたために、メラニン色素が増えて、黒ずみになります。

 

これは衣服や下着による摩擦でも同じことが発生します。
たとえ薄い下着だとしても、お肌が刺激物だと感じる摩擦なら、守るためにメラニン色素は増殖し、黒くなります。
例えば歩いたり座ったりといった足の動きはもちろん、下着の上下やずれなどの摩擦でも、メラニン色素は生まれます。
そのうえで、お肌に刺激の強い素材の下着であれば、なおさら黒くなっていきます。

 

お肌の表面にある、ありとあらゆる刺激でメラニン色素は生まれていきます。
その刺激量が多ければ多いほど、強く、はっきりと黒ずんでいくのです。
また、たとえ少量の刺激で、メラニンの生成も少量であっても、ターンオーバーの周期などに乱れが生じ、上手く代謝されなければ、黒ずみが積み重なって、ひどく黒ずんでいくことにつながります。

 

 

ターンオーバーの異常で、黒ずみが悪化

 

お肌にはターンオーバーというものがあります。
ターンオーバーとはおよそ1か月ほどで、お肌の表面の角質層がとれ、新しいきれいな角質層に生まれ変わるというお肌の新陳代謝のことです。
健康なお肌だと、ターンオーバーは活発に、しっかりとされており、黒ずむことなくきれいなお肌を維持できます。一度黒ずんだお肌はターンオーバーしても残りますが、それでもある程度は白く変わります。

 

しかし、ターンオーバーが乱れたり、悪くなると、上手く働かなくなり、メラニン色素の黒ずみがお肌に残るようになり、目立つのです。
デリケートゾーンもほかの部分と同じく、お肌ですのでターンオーバーも同じほどの周期で訪れ、同じことが発生します。

 

 

一度黒ずんだお肌は二度と真っ白には戻らない

 

しかも、一度色素沈着を起こした部分は、黒ずみは多少なりとも残ります。
一度黒ずんだものを、再び元の白さに戻すには、手術のような大がかりな治療が必要になります。
ですので、黒くさせないことを第一に考え、黒ずみ予防のための保湿などが大切とされているのです。

 

 

何よりも保湿が大切

 

黒ずみを作らないためには、デリケートゾーンであっても、保湿をすることにつきます。
普段からお風呂上りにクリームを塗って保湿をしたり、普段から通気性のいい下着を身に着けて、蒸れにならないように対策をすることが何よりも大切です。
早い段階でケアをすることで、悪化を防いだり、だんだんと気にならないレベルまで回復する可能性があります。
もちろん、予防にもつながります。

 

 

保湿以外でできる黒ずみ対策

 

保湿以外でできる、デリケートゾーンの黒ずみ対策は、やはり下着選びがカギを握ります。
お顔などのお肌だと、化粧品選びや紫外線対策などが必要ですが、デリケートゾーンにおいてはそれらは不要です。
その代わり、下着が常にお肌に密着するため、下着の素材などによっては24時間刺激が与え続けられるということになります。

 

それを避けるためにも、身に着ける下着選びは特に慎重になってください。
身に着けることで黒住が見られてきたものはもちろん、擦れて刺激になってそうと感じられるものはすぐに辞めるのをお勧めします。
ほんの少し、細やかな気遣いだけでも、数か月、数年といった時間が経過した後に、それらの対策の効果が表れます。
それらの対策をしなければ、数か月や数年といった期間でダメージが蓄積され、黒ずみとなって表れるのです。

 

 

体の内側からのケアも大切

 

そして大切なのが、正常なターンオーバーを維持するということです。
お肌の生まれ変わりであるターンオーバーですので、これが正常にきちんとできているかどうかは、お肌の黒ずみを非常に大きく左右します。
ターンオーバーを正常にするには、ストレスなく、十分に睡眠をとることが肝心です。
睡眠不足だと肌荒れになるものですが、これはお肌に強いストレスがかかり、ターンオーバーに影響が出ているためです。
ターンオーバーは成長ホルモンが分泌されるのと同じように、夜10時ごろから夜中2時ごろに特に活発になるため、その時間には熟睡している必要があります。

 

 

ホワイトラグジュアリー

 

ホワイトラグジュアリーは効果なし?口コミ徹底検証!楽天・amazonより安く買う方法の紹介! TOPはこちら