皮膚科やクリニックで、デリケートゾーンの黒ずみを治す

皮膚科やクリニックで、デリケートゾーンの黒ずみを治す

ホワイトラグジュアリー

 

デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方は、様々なクリームなどのアイテムで治療ができますが、何を使っても効果がない、という場合には、皮膚科やクリニックといった医療機関で治すことも可能です。

 

皮膚科などの医療機関では、医薬品の認可を受けたアイテムの処方はもちろん、レーザーで黒住そのものを取り除くということもできます。
ここで、その医療機関でできる投薬治療と、レーザー治療についてご紹介していきたいと思います。

 

どちらの方法も、市販にはない強力な改善効果が期待できます。

 

 

投薬治療

 

投薬は、黒住の程度によっては市販の薬を医師が処方する場合もありますが、基本的には医薬品の認可を受けた、医師の指示のもとでしか処方できない強力な薬がメインで処方されます。
中でも特徴的なのが「ハイドロキノン」という成分です。

 

市販の薬に含まれているような、ビタミンCやプラセンタといった美白成分よりも100倍ほどの美容成分が含まれています。
黒住の原因である、メラニン色素の色素沈着に絶大な効果があります。
例えば色素の減少効果やメラニンの育成を弱める効果があることはもちろん、今後生まれる色素沈着の予防にも大幅な効果が期待できます。

 

さらに、ハイドロキノンと一緒に使うことで、より高い美肌効果があるとされるのが、ビタミンAの50倍の効果を持つ、トレチノインです。
トレチノインには古い角質をはがすピーリング効果と、新たな角質を生み出すターンオーバーの促進効果の両方を持つ優れた成分です。
非常に強力な成分ですので、医師の指示、処方がないと使用できないうえ、使い方を間違えると悪影響になることもありますので、必ず決められた量を使ってください。

 

また、非常に酸化しやすいという特徴がありますので、高温多湿と直射日光を避けるのはもちろん、、開封未開封に限らず、1か月以内に使い切る必要があります。
酸化すると成分が強くなり、お肌に強いダメージを与えるようになりますので、必ず1か月以内に使い切り、余った場合は廃棄してください。

 

そして、これらの成分は、妊娠中や授乳中の女性の方は使用できませんので、注意してください。
妊娠中は様々なトラブルに見舞われ、黒住が気になるという方も多いかと思いますが、産後で落ち着いたあとは自然と回復していくこともありますので、妊娠中は様子を見るのがおすすめです。

 

ホルモンバランスが崩れているさなかに、強力なものを使うと様々な悪影響が出る可能性があり、最悪あとに残ったりすることもありますので、落ち着くまでは使用を避けてください。

 

 

投薬でも改善が見られない場合に、レーザー治療をする。

レーザー治療は、医師の指示の下で処方された医薬品でも、改善が見られないという場合に、最終手段として用いられるものです。
医療用の強力なレーザーを用い、皮膚の奥深くにまで沈着したメラニン色素を破壊し、黒ずみを解消していきます。
レーザーが当てられて破壊されたメラニン色素は、ターンオーバーによって表面へと浮き、自然にはがれていきます。

 

レーザーは1回当てたら大丈夫というわけではなく、数回にわかって当てていきます。
医療機関で使われるレーザー機器は「レーザートーニング」というものです。
レーザーのエネルギーが、当てる面に対して均等に、まんべんなく当たるため、Vラインに特に便利になっています。

 

レーザートーニングは、接受部分や個人差などもありますが、およそ5分から20分ほどで1回の施術が完了します。
非常に短時間で終わりますので、1日時間を取らずとも、仕事帰りなどに寄って施術をするということも可能です。

 

ただ、医療機関によってはこれ以外の機器、手法でレーザーを当てることもありますので、必ずカウンセリングを受けて、使用する機器や手法、施術回数などをきちんと確認してください。
もちろん、口コミなども確認するのがおすすめです
そして、もし万が一施術中に異変を感じた場合は、すぐに医師などのスタッフに相談して、中止するなどの対処をしてください。
現在はほとんどのクリニックで、無料でカウンセリングを受けられたり、無料で1回レーザーを照射出来るという無料体験を実施しているところも多いので、検討してみてください。

 

投薬、レーザー、どちらにしても、医療機関のものは非常に強力で、市販のものなどで治らなかったという場合には、是非おすすめです。
しかし、その分コストがかかりやすく、また保険の適用外でもありますので、利用前には慎重に検討してください。
医療機関以外にも、美容サロンなどは、レーザーの威力が低い代わりに低コストでできるという利点があります。

 

医療のものもお肌にトラブルがない程度で威力が低いですが、医療用の認可があるため、サロンよりは威力が高く、人によっては合わないという可能性もあります。
様々な選択肢を考えてみるのがベストです。
もちろん、時間をかけて市販のクリームだけで治していく、というのもおすすめですよ。

 

 

ホワイトラグジュアリー

 

ホワイトラグジュアリーは効果なし?口コミ徹底検証!楽天・amazonより安く買う方法の紹介! TOPはこちら