出産後にデリケートゾーンの黒ずみは自分でケアしましょう

気になる妊娠中の脇の黒ずみ!その原因と対策

ホワイトラグジュアリー

 

 

妊娠と肌の黒ずみについて

 

脇の黒ずみを発見した時ってかなりショックですよね。普段気をつけているつもりでもノースリーブのシーズンに脇をよくチェックしたら黒ずんでいたという経験のある方も多いはず。ムダ毛処理は完璧でも黒ずみがあると魅力も半減してしまいます。黒ずみは薄くするのに時間がかかるので日ごろからのお手入れが大切です。

 

妊娠した時には特に黒ずみが気になるようになります。妊娠中はホルモンバランスの影響で体にいろいろな変化が起こり、乳輪が黒くなったりしますが、脇や足の付け根などに黒ずみができやすくなります。黒ずみを見つけるとついゴシゴシこすって落とそうとする方も多いと思いますが、黒ずみは皮膚の表面にできているものではないのでこすって落ちるものではありません。こすることで肌が刺激を受けて逆にメラニン色素の生成が活発になり、黒ずみが濃くなってしまう原因になります。特にナイロンタオルを使うのは避けた方が良いでしょう。

 

妊娠するとお肌が敏感になるとも言われています。それまでは肌に合っていた化粧品も合わないと感じることもあるようです。もし違和感を感じたら、敏感肌用の化粧品や低刺激の化粧品に替えてみるとよいでしょう。合わないと感じたまま使っているとお肌のトラブルの原因になりかねません。妊娠中だからこそお肌を清潔にして保湿を心がけたいものです。

 

 

黒ずみができる原因はホルモンが関係しています

 

シミや黒ずみができるのは紫外線が大きな影響を与えます。では陽に当たりにくい脇が黒ずんでしまうのは何故でしょう。これは洋服や下着とお肌が擦れて皮膚が刺激を受け、メラニン色素の生成が活発になるからです。皮膚は刺激を受けるとお肌を守ろうとしてメラニン色素を生成するのです。妊娠中に黒ずみができやすくなるのはもう一つ原因があります。それはホルモンバランスの変化です。

 

妊娠すると女性の体に影響を与えるホルモンバランスが変ってきます。主な女性ホルモンはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンです。
このプロゲステロンというホルモンがメラニン色素の生成を活発にすると言われています。メラニン色素の生成が活発になり、ターンオーバーが乱れてくるとシミや黒ずみが発生するのです。

 

また、ホルモンバランスの変化により、黒ずみだけでなく、ニキビができやすくなったり、抜け毛がひどくなったりすることもあります。妊娠中にできた黒ずみやシミは産後しばらくすると治まってくると言われています。これは赤ちゃんを産んだ後、体がもとに戻ってホルモンバランスも元に戻るためです。

 

産後、妊娠したことによる黒ずみなどはほとんど治まると言われていますが、シミや黒ずみは紫外線にあたると悪化してしまうことがほとんどなので、紫外線対策はきちんと続けておくことをおすすめします。

 

 

妊娠中の黒ずみ対策は低刺激のものを!

 

妊娠中は汗をかいたり皮脂の分泌が多くなりがちなので、お肌を清潔にしておくことが大切です。また、妊娠中は肌が刺激を受けやすくなりますので、今まで使っていた化粧品が合わなく感じる場合もあります。そういった場合は敏感肌用や低刺激の化粧品に替えてみることをおすすめします。

 

黒ずみケア用の化粧品にアットベリーという薬用ジェルがあります。これは着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、アルコール、パラベンなどを使用しておらず、敏感肌や乾燥肌の方も使いやすい優しい処方になっています。
また、化粧水、美容液、乳液がひとつになったオールインワンジェルなので、これひとつでボディケアと黒ずみケアが完了します。妊娠中はつわりになったりおなかが大きくなったりして動くのもしんどくなったりしますので、1本で簡単にケアできるアットベリーは便利なアイテムですね。また、医薬部外品の薬用ジェルなので効果も期待できます。

 

 

ホワイトラグジュアリー

 

ホワイトラグジュアリーは効果なし?口コミ徹底検証!楽天・amazonより安く買う方法の紹介! TOPはこちら