出産後にデリケートゾーンの黒ずみは自分でケアしましょう

メラニン色素は実はお肌を守ってくれている

ホワイトラグジュアリー

 

 

日焼けの原因であるメラニン色素。強い陽射しの紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されて日焼けしてしまいます。色白美人を目指す女性は目の敵にしている方も多いのではないでしょうか。
メラニン色素はお肌、つまり表皮の基底層にある「メラノサイト」という物質が紫外線などの刺激を受けることによって作られるものです。なぜメラニン色素が作られるかというと、実はメラニン色素はお肌を守るために存在するのです。

 

色白の人ほど紫外線に弱く、日焼けして黒くなる前に肌が赤くなったりヒリヒリしたりすることがあります。これはメラニン色素が少ないので刺激を受けやすいのです。逆にメラニン色素を豊富に肌に持っている人、つまりどちらかというと色黒の人は紫外線に耐えるお肌なのです。これはメラニン色素がお肌を守ってくれているということなのです。

 

メラニン色素はお肌をガードしてくれて、お肌への紫外線の影響を少なくしてくれているのです。紫外線は実は凄い力を持っていて、DNAを破壊したり皮膚がんの原因になったりします。メラニン色素はあなたの体を守ってくれている役に立つ相棒です。また赤ちゃんの肌がすべすべで白いのは、まだ紫外線をたくさん浴びてないからなのです。

 

メラニン色素はあなたの体を紫外線から守ってくれる大切な色素なのですが、女性の美容にとってはかなりの難敵。勝手に日焼けして肌を黒くしてしまいますし、ターンオーバーがうまくいかないと生成されたメラニンが色素沈着してしまい、シミやそばかすや黒ずみになってしまいます。

 

お肌を守ってくれるメラニンは体内から取り去ることはできません。しかし紫外線対策をすることによってメラニン色素の生成を少なくすることは出来ます。やはり基本は紫外線対策。お出かけの時には日焼け止めクリーム、日傘などで紫外線からお肌を守ってあげてください。

 

 

紫外線が当たらないの場所の黒ずみ

 

紫外線にあたるとメラニン色素がつくられてシミや黒ずみになる。では紫外線にほとんど当たらないはずの腋の下や脚の付け根の黒ずみはなぜ起こるのでしょうか。脇の下やビキニラインは水着のシーズンでもない限りあまり日に当たらないはずです。

 

実はメラニン色素が作られるのは紫外線の刺激を受けた場合だけではありません。摩擦による刺激によってもメラニン色素は生成されます。お肌は紫外線でも摩擦でも刺激を受けると反応し、自分を守ろうとしてメラニン色素を生成するのです。

 

脇の下やビキニラインが刺激を受けるのはムダ毛処理の場合が多いです。女性には特にムダ毛処理はかかせないお手入れのひとつですよね。
でも、脇の下のムダ毛をカミソリで剃ったり抜いたりするとお肌は刺激を受けます。するとお肌は刺激に敏感に反応してメラニン色素を生成します。これはお肌が刺激から守ろうとする本能のようなものです。

 

また、カミソリをあてなくても、足の付け根やおしりなど下着との摩擦が起こりやすい部分にも黒ずみはおこります。これもムダ毛処理と同様に摩擦という刺激から少しでもお肌を守ろうとするメラニン色素の働きです。メラニン色素はお肌を保護してくれるとても親切なものなのですが、保護する=メラニン色素で色が黒くなる、ということになってしまいます。ありがた迷惑と思う女性もいるかもしれませんね。

 

黒ずみはなくなったと思っても刺激を受けるとまた発生することが多いです。レーザー治療で除去したとしても永久除去というわけではありません。メラニンはいつでも皮膚をまもろうとしてスタンバイしています。

 

 

黒ずみの原因を避けることが美肌への近道

 

気になる黒ずみやシミは作らないのが一番ですが、できてしまってもある程度は除去することができます。黒ずみケア用の化粧品もありますし、美容皮膚科などでのレーザー治療なら比較的短期間で除去することも可能です。

 

でも、できる前に防ぐほうがお肌にとっては優しいし、効率的です。風邪をひく前に帰宅後のうがいや手洗いで予防するように、黒ずみができる前に予防をしておくことが肝心です。

 

黒ずみの原因としては

 

1. カミソリなどによる刺激
2. 体にぴったりしすぎた下着や洋服による摩擦の刺激
3. 制汗剤の使いすぎ
4. 紫外線対策ができていない

 

など、体に刺激を与える行動が挙げられます。

 

これらの刺激を避けることで黒ずみやシミを予防することができます。ムダ毛処理や制汗剤は女性として必須なところもありますが、できるだけ低刺激な制汗剤を使うなどして、お肌に対する刺激を少なくしていくとよいでしょう。

 

 

 

ホワイトラグジュアリー

 

ホワイトラグジュアリーは効果なし?口コミ徹底検証!楽天・amazonより安く買う方法の紹介! TOPはこちら