出産後にデリケートゾーンの黒ずみは自分でケアしましょう

出産後にデリケートゾーンの黒ずみは自分でケアしましょう

ホワイトラグジュアリー

 

妊娠が原因で乳首やデリケートゾーンが濃くなることは、よく知られています。
女性のホルモンのバランスが変化するからなのですが、妊娠・出産を経てシミ・そばかすが増える人も少なくは無いのですから、出産後も黒ずみが残るのは仕方のないことでもあります。

 

でも、妊娠中は我慢していても出産して元の身体に戻ったのに、デリケートゾーンの黒ずみはそのままになっているのは、嬉しいことではありませんよね。
皮膚が黒ずむのはメラニン色素によるのですが、これも出産による痛みやすい箇所のダメージを少なくする為の本能的な対策なのですから、嫌うのは間違っています。

 

でも、自然に治るのを待たずに、少しでも早く元通りに戻したいのは分かりますから、自分で自宅でできるケアの方法を探りましょう。

 

 

ホルモンバランスの変化が原因

 

妊娠することで、ホルモンのバランスが変わり、プロゲステロンという女性ホルモンが多くなります。
このホルモンがメラニン色素の活性化を促して、黒ずみが発生するとされています。

 

ですから、肌のターンオーバーを早めに整えてメラニン色素をきちんと排出することで、黒ずんだ肌を元の色に戻すことは可能なのです。
自然なターンオーバーの働きでその内に黒ずみは解消するのですから、その働きを早くする方法を見つけることです。

 

新陳代謝をアップの為に、専用クリームの美白の力を借りましょう。
出産後の肌はとても敏感になっていますから、肌に優しい負担の掛からないクリームを選ぶことで安心して使用することができます。

 

肌を整える成分やメラニン色素を排出する成分が豊富なクリームは、今までよりさらに美しい肌にしてくれるかも知れません。

 

 

クリームと石鹸の併用が効果的

 

専用クリームには、メラニン色素を抑える効果のあるビタミンCが配合された美白クリームもあるようです。
クリームだけに頼るのではなく、栄養素として食事からのビタミンC補給も有効でしょう。

 

新陳代謝(ターンオーバー)を高めるためには、クリームだけではなく専用の石鹸の使用も効果が上がるようです。
それに専用の石鹸は肌に優しい原料などで作られていますから、全身にも使用できるというメリットもあります。

 

殺菌力が強い薬用石鹸の方が効果が高いと思うのは間違いで、微妙な肌は傷ついてしまい黒ずみは悪化してしまいますから、注意してくださいね。

 

 

優しい素材の下着やタオルを使用しましょう

 

デリケートゾーンには強い刺激はタブーで、刺激によってメラニン色素が多く発生してしまいます。
普段身に着ける下着や、入浴の際のタオルにまで細心の注意は必要です。

 

刺激の少ない天然素材の下着がお勧めですが、季節によって綿や絹や麻などを使用したものに変えていきましょう。
通気性がよく、蒸れにくい素材なので安心です。

 

入浴後の身体を拭くタオルにも気をつけて、優しい肌触りの柔らかい素材にしましょう。

 

 

最後に身体の内側からもケアする

 

黒ずみの原因になったメラニンの排出には、肌のターンオーバーが大切に成ります。
きちんと働いてもらうために、外からの美白クリームなど効果がありますが、身体の内部からの働きかけも大切です。

 

食事をきちんと見直して、多忙な育児中でもしっかり食べものからのケアもしてください。
たんぱく質やビタミンA、ビタミンC、亜鉛、ビタミンEなどの栄養素を含む食材を多く取り入れて、食事やおやつとして積極的に摂取することをお勧めします。

 

ホワイトラグジュアリー

 

ホワイトラグジュアリーは効果なし?口コミ徹底検証!楽天・amazonより安く買う方法の紹介! TOPはこちら