レーザー治療による黒ずみケアについて

乳首の黒ずみを治し方をご紹介します

ホワイトラグジュアリー

 

ボディケアで女性が気になるのが黒ずみですよね。ノースリーブを着れば腋の下の黒ずみが気になるし、水着になればビキニラインが気になります。黒ずみは加齢による新陳代謝の低下でも起こりますし、下着などの衣服による摩擦でも起こります。どうやったら黒ずみがとれるのか悩んでいる方も多いですよね。

 

黒ずみケアは美白クリームなど使っている方も多いと思いますが、美容皮膚科などでのレーザー治療も注目されています。レーザーはちょっと恐いな、レーザー治療ってどんなものかよくわからない、という方のために今回はレーザー治療についてご紹介します。

 

そもそもレーザー治療とはどんなものか

レーザー治療は肌にレーザーを当て、レーザーで黒ずみを取るという治療です。レーザーは表面に当てるものや、皮膚の内部まで当てて黒ずみを取るものがあります。また、レーザーで黒ずみそのものも取りますが、黒ずみ(=色素沈着した古い角質)を取ることによって肌のターンオーバーを正常化し、新しい皮膚を再生させることによってさらに黒ずみを消していくという狙いもあるのです。

 

黒ずみケアレーザーは「レーザートーニング」と「インティマレーザー」が主流

ではレーザーの種類と特徴についてご紹介していきます。

 

1) レーザートーニングは表面に照射

もともとは肝斑治療のレーザーとして有名なレーザーです。脇の黒ずみ、ビキニラインなどの下着との摩擦による色素沈着、お尻の黒ずみなどはレーザートーニングが得意とするところです。皮膚の表面に弱いレーザーを照射するだけなので、痛みはほとんどありません。また、広範囲に均一にレーザーを当てることができるので症状が広範囲にわたるボディの黒ずみにも対応できます。
レーザーとしては比較的弱いので皮膚にやさしく、角質の薄いデリケートゾーンにも安心して使用できます。

 

2) インティマレーザーは内側から治療

インティマレーザーはデリケートゾーンの黒ずみ除去を得意とするレーザーです。黒ずみだけでなく、シワ、角質硬化などに効果があります。また、子宮口の近くまでレーザーを照射することができるので、出産後の膣のゆるみや尿失禁の治療にも使われています。
レーザートーニングは肌表面の比較的軽い黒ずみを得意としますが、インティマレーザーはデリケートゾーンの内側から黒ずみを削り取ります。もちろん個人差はありますが、速効性がある治療法なので少ない治療回数で黒ずみ改善を実感できると言われています。

 

レーザー治療の金額

レーザー治療はセルフケアよりも効果が高いのですが、お値段もやはりセルフケアよりは高くなります。クリニックによって費用は変わってきますが、目安としては以下のようになります。

 

1) レーザートーニングの場合:1回10,000円程度です。施術する回数は症状にもよりますが、5〜10回程度必要とされています。
2) インティマレーザーの場合:1回98,000円程度からになります。施術する回数はレーザートーニングよりは少なくてすみ、1〜3回程度が想定されます。

 

レーザー治療をする前に

 

・料金体系を明確にしているクリニックを選びましょう。レーザー治療は施術代のほかに診察料や薬代などがかかりますので、予算は大目に見ておくと安心です。

 

・クリニックはカウンセリングが丁寧なところを選びましょう。レーザー治療の費用は高額になりますし、レーザーは少なからず皮膚にダメージを与えます。お金もかかるし副作用の心配もあることなので、まず事前に相談し、治療への不安を減らしておきたいものです。また、アフターケアをきちんとしてくれるかどうかも大切なポイントです。

 

・もちろん経験値の高いクリニックを選ぶことも大切です。最近はホームページなどで症例を公開しているクリニックもありますので、事前に評判を調べておくとさらに安心です。

 

 

ホワイトラグジュアリー

 

ホワイトラグジュアリーは効果なし?口コミ徹底検証!楽天・amazonより安く買う方法の紹介! TOPはこちら